「いわて短角和牛の串焼き」準優勝!


逆風の中で開催された東北応援チャリティイベントの牛肉サミット・・・。
志高い主催者の皆さんの献身的な働きに大勢のボランティアスタッフさんたちが本当にさわやかに活躍され、2日間のイベントが無事終わりました。


みんなで牛肉業界のイメージアップを!!という共通の思いが、出場者のみんなの連帯も生んでいたのではないかと思います。


優勝は、「がんばろう東北!」ののぼりを掲げた米沢牛の黄木さん。

南山の短角牛串焼きは、僅差で準優勝でした。
本当にありがとうございました。



岩泉から合砂さん、佐藤安見さんの長男しのぶ君、茂木さんも応援に来てくださり、スタッフのみんなといっしょに2日間をがんばってくださいました。




安全安心が確認されている短角牛までが、「出荷停止」という「汚染の疑い」の烙印が押されてしまい、本当に悔しい思いでしたが、主催者の方に励まされ、「安全なものは安全だ」というPRだけをさせていただくつもりで出場させていただきました。


結果、思いがけず、多くのお客様に召し上がっていただき、1日目は早々に売り切れてしまい、2日目の食材を継ぎ足して、初日の夜に2日目の分を仕込むという荒技で乗り切りました。


主催者の思いが来場者にきちんと伝わり、「東北応援!」というエールが、いわて短角和牛への投票につながったのだと思います。


本当に感謝感謝の2日間でした。
ありがとうございました。


一緒に二日間をがんばった出場者の方々とも仲良くなり、隣のブースの「京の焼肉処弘」さんからは、おいしい「巴巻き」をお祝いにいただきました。
おぶぶ茶苑さんからは、最高に美味しい冷茶を差し入れていただき、たくさんの方の応援が本当に有難い2日間でした。


近江牛発祥の地滋賀県が、「東北応援」で牛肉業界を盛り立てた「牛肉サミット」本当に大成功でした。
主催者の皆様、滋賀県の皆様、本当にありがとうございました。